ユネスタ『キューブ』の電気代は意外と安い!

ユネスタ『キューブ』はマッサージ器とオットマンが一緒になった2WAY仕様となっているので、便利であることは間違いないのですが、2WAYで使えるものはどこか大味なところがあって、細かい性能までハイクオリティであることは意外と少なかったりします。

 

なので、マッサージ器としてのユネスタ『キューブ』の実力を考えたとき、「意外と電気代がかかるんじゃないの?」と疑問に感じることもあるかもしれません。

 

ですが、結論から言えば、ユネスタ『キューブ』の電気代はめちゃくちゃ安いです!

 

例えば、1日1セット、15分使用したときの1ヶ月の電気代はどのくらいかかると思いますか?全く見当がつかないかもしれませんが、1ヶ月毎日使ったとしても電気代は約5.1円しかかかりません。(料金単価は27円/kwhで算出)

 

毎日使っても1ヶ月で約5.1円しか電気代がかからないというのはめちゃくちゃ安いですよね。例えば、4人家族でみんなが1日15分毎日使ったとしても1ヶ月で約20.4円ですから、電気代に関しては全く気にしなくていいと言っても過言ではないでしょう。

 

「ユネスタ『キューブ』の電気代って意外とかかるんじゃないの?」と不安に思っていた方に伝えたいことをしては、「電気代に関しては考えなくても大丈夫ですよー」ということですね。

費用対効果は抜群!

ユネスタ『キューブ』の電気代は安いということを書きましたが、本体価格は定価の場合税抜で約70,000円しますから、初期費用としては高いという印象はありますよね。

 

けれども、実際に使ってみたときの費用対効果は非常に高いのですよ。

 

例えば、週に一度マッサージ店に行って施術してもらったとすると、仮に料金が5,000円だとしたら、月2万円の出費となります。

 

もし、家族4人で施術している場合、1ヶ月で8万円の出費ですからそれだけでユネスタ『キューブ』の定価よりも高くなりますね。もちろん、1人で4ヶ月以上通う場合でもお店に行って施術してもらう方が費用がかかります。

 

つまり、人数の関係や長期的な目線で考えると、実は初期費用をちゃんと投資したほうが安上がりになるということが言えるのですね。

 

この考え方が成り立つのはユネスタ『キューブ』が医療機器認証されている本格的なマッサージ器だから。ただの気休めのマッサージ器ではなく、効果効能がお店で施術してもらうのと変わらないものがあるから、費用対効果がいいと言えます。

 

一見すると高い買い物に思えますが、しっかりと考えてみると決して高い買い物ではないと言えるでしょう。

 

ちなみに、ユネスタ『キューブ』の通販で安く購入する方法をこのサイトのトップで紹介していますので、そちらを参考にして最安値価格で手に入れておくと買い物の満足度はグッと高くなるはずですよ。